忍者ブログ
Xファイルから海外ドラマにはまり今も色んな海外ドラマにはまっています!毎日睡眠不足で大変です。でもやめられない!
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

■1 世界中で大ヒットしたコロンビア・ドラマのリメイク作品■
『アグリー・ベティ』は、コロンビアで放送され世界中で大人気となった『ベティ~愛と裏切りの秘書室』のアメリカリメイク版です。

オリジナルである『ベティ~愛と裏切りの秘書室』は、メキシコ、インド、ドイツ、イタリア、ロシアなど世界中で放送され、各国で高視聴率をマーク。インド、イスラエル、ドイツ、トルコ、ロシア、メキシコ、オランダ、ギリシャ、ベルギー、クロアシア、スペインではリメイク版が制作されており、こちらも大ヒットしています。今後、フランスでもリメイクする企画があがっているそうです。

『アグリー・ベティ』も放送前から話題をよび、現在も高い視聴率をキープ。2007年度のゴールデン・グローブ賞では2部門でノミネートされ、2つとも受賞、エミー賞では11部門でノミネートされ3部門で受賞という快挙を成し遂げました。

世界中で認められた「最高に面白いテレノベラ(スペイン語で昼メロドラマ)」のアメリカ版が『アグリー・ベティ』なのです☆


■2 ラティーノの底力■
ニューヨークは人種の坩堝だといわれますが、人種別に分けてみると白人の次に南米系が多く全体の約30%。ニューヨークに住む南米系アメリカンは黒人よりも人口数は多いといわれています。30秒ごとに移民が増えていくとも言われていますが、この移民の大半が南米系だといわれているのです。

南米系、いわゆるラティーノたちの暮らしは決して楽なものではなく、治安が悪いとされる地区に住んでいるケースが少なくありません。暮らしを助けるために早く働き出すため学歴も低く、学歴がないため賃金の安い職にしかつけない、というのが現状です。

しかし、彼らの家族、そして同胞との繫がりはとても深く、宗教的な要素もありますが助け合いの精神を強く持っています。そして、逆境にあっても愛とユーモアを忘れない、そんなチャーミングな精神を持ち合わせているのです。

『アグリー・ベティ』に登場するスアレス家も、次々と逆境に立たされ、時には大喧嘩することがあるものの、最後は家族一丸となり問題を解決しようと前向きに突き進んでいきます。

アメリカを支えているラティーノの底力が、ドラマの大きな魅力でもあるのです。


■3 華やかなファッション誌業界■
主人公ベティが勤める一流ファッション雑誌「モード」編集部は、業界トップということもあり、オフィス丸ごと美しいアートといった雰囲気です。

グラビアの撮影シーンも時々出てきますし、ファッションがどうやって作られていくのか、そして先端流行ファッション雑誌編集部の内部事情がたくさん見えてきます。

編集部に務める社員の着こなしや髪型なども、参考になるのではないでしょうか。

現在アメリカで放送されているシーズン2には、ヴィクトリア・ベッカムが登場。彼女がドレスを試着するシーンはファッション好きにはたまらないものになっています☆☆☆


PR


あらすじはドラマの主人公ベティ・スアレスは、南米移民が多く住むニューヨーク・クイーンズ区の実家で、父と姉、甥っ子と共に住む若き女性です。

幼い頃から出版業界で活躍することを夢見ていたベティ。頭がよく、とてもよく働き、役に立つ人間であるにもかかわらず、外見がイマイチだという点が邪魔をして、これまでチャンスさえ与えられずにいました。

そんなベティがひょんなことから業界トップの一流ファッション雑誌「モード」編集長のアシスタントとして就任!

意地悪いことをされても、悪口を言われても、一生懸命なベティは少しずつ、でも確実に周りに認められる存在になっていきます。

しかし、ベティには次々と難問が降りかかってきます。仕事のこと、恋人のこと、そして家族のこと。


きらびやかなファッション雑誌業界と、父親の心臓病の薬を購入するお金にも困る、決して裕福とはいえないスアレス家が、ドラマの主な舞台となり物語は展開していきます。



本当に凄く元気になるドラマで、一所懸命な彼女を見てると私まで頑張ろうと思わせてくれます☆☆☆



次のブログではオススメ3つの理由を書きますね☆

放送が終了してしまっているけど
『エイリアス』の紹介です☆
この海外ドラマが一番衝撃を受けたドラマではないかと。。。
「24」も「HEROES」も凄く凄く面白いんだけど、
やっぱり『エイリアス』が一番衝撃受けたなぁ☆



ストーリー(若干のネタバレあります)
シドニー・ブリストウ(ジェニファー・ガーナー)は凄腕のスパイ
正しい心をもつ人々のために働き、悪の組織と戦う―彼女はそう信じている
シドニーは大学1年生のときCIAの秘密作戦支部SD-6にリクルートされ
スパイとして活躍してきた
博士号をもつたくましい恋人ダニーからプロポーズされたシドニーは
誰にも明かすつもりのなかった真実を告白しようと決意する
自分が国際銀行で激務をこなす大学院生ではなく
自由な世界のためにいつも命を張っているスパイだと打ち明けたのだ
しかし、シドニーの機密保護違反を知ったSD-6は
婚約者ダニーを残忍な手口で暗殺してしまう
突然、現実に直面するシドニー
自分が手助けしているSD-6こそ、悪の組織だったのだ
悪事を企むSD-6を壊滅すべく
CIAのニ重スパイになることを決意したシドニーは
さらに衝撃の事実をまのあたりにする
疎遠にしていた父ジャック(ヴィクター・ガーバー)も
CIAからSD-6へ送りこまれたニ重スパイであった。


少し難しい話なんだけど、ジェニファー・ガーナーが毎回変装しててそれがまた楽しみの一つ♪
機会があったら観てほしいな☆



とうとうシーズン4!!
待ってました!!

登場人物が 本当にそれぞれ個性的で魅力的。

ストーリーも新しく人間模様が単なる奥様ドラマではないので
男性も夢中になること間違いなし。

彼女たちの服装から家の中の様子までも
全てがうまく際立つよう計算されているので
隅々まで楽しめるようになっています。

この人映画で見たことある!
なんて人もザラに脇をかすめるので見どころは満載です。

でも 未婚の若い子はボールかな。
既婚者、30代からの女性はストライクゾーンかと思います。

あたしは 彼女の考えに賛成だわ なんて
久しぶりに女性同士の会話が熱くなる、そんな内容です☆☆
私が一番最初にはまった海外ドラマは
【Xファイル】!!
当時私は高校生でした☆ブームが少し終わりかけで見だすのが少し遅かったのですが(汗)
日本のドラマと違い量の多い事ww
毎日5本づつかりてもなかなか最後にたどり着けなくて毎日寝不足で学校に通ってました☆


そして30歳近くになった現在も。。毎年沢山出る海外ドラマ達に囲まれて生活をしていますw


これからネタばれにならない程度にドラマへの愛をつづっていこうと考えています☆☆☆
<< 前のページ
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
忍者ブログ [PR]